Chrome Enzyme

〜 愛犬に健康寿命を 〜

Chrome Enzyme

〜 愛犬に健康寿命を 〜

動物視点の栄養

健康寿命を考えた「食事」の答えは自然界に

「昔、犬たちの食事は酵素含有率99%でした。現代の加熱加工されたドッグフードの 活きている 酵素の含有率は0%!」
※ ドッグフード(加熱加工されたフード)は完璧ではありません、なのでこれさえ食べていれば大丈夫という食事が人にもないように、犬にもそのようなドッグフードは存在しないのです。そんなドッグフードにもっとも不足している栄養素が「酵素」と言われています。

動物視点の栄養

健康寿命を考えた「食事」の答えは自然界に

「昔、犬たちの食事は酵素含有率99%でした。現代の加熱加工されたドッグフードの 活きている 酵素の含有率は0%!」
※ ドッグフード(加熱加工されたフード)は完璧ではありません、なのでこれさえ食べていれば大丈夫という食事が人にもないように、犬にもそのようなドッグフードは存在しないのです。そんなドッグフードにもっとも不足している栄養素が「酵素」と言われています。

The viewpoint of animals

「 動物視点でつくる健康寿命を考えたクロムの生酵素。」

The viewpoint of animals

「 動物視点でつくる健康寿命を考えたクロムの生酵素。」

enzyme

200ml

生きていく為に絶対に必要なもの

「酵素」、生きていく為に絶対になくてはならないものと言うことはご存知でしたか? 酵素は食べた物をエネルギーに換えたり、息をしたり、筋肉を動かしたり…と、全ての生命活動に関与しています。酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。私たちを生かす全ての源が酵素なのです。そしてこの酵素は、体内でつくる量には限りがあります。歳をとればとるほど酵素を作る量は減り、酵素が不足した状態を続けていくと、免疫力の低下、がんや糖尿病、生活習慣病、高血圧等のさまざまな病気を引き起こす可能性が高くなっていきます。

生きていく為に絶対に必要なもの

「酵素」、生きていく為に絶対になくてはならないものと言うことはご存知でしたか? 酵素は食べた物をエネルギーに換えたり、息をしたり、筋肉を動かしたり…と、全ての生命活動に関与しています。酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。私たちを生かす全ての源が酵素なのです。そしてこの酵素は、体内でつくる量には限りがあります。歳をとればとるほど酵素を作る量は減り、酵素が不足した状態を続けていくと、免疫力の低下、がんや糖尿病、生活習慣病、高血圧等のさまざまな病気を引き起こす可能性が高くなっていきます。

クロムの生酵素

現代の犬のフードと酵素

酵素は熱に弱い栄養素です。50度以上の熱を加えると死活という状態になります。つまり加熱加工したフードには酵素は一切含まれていないということになります。現在、ほとんどの犬が加熱フードを食べています。この加熱フードや油分、それに添加物等は酵素を多く消費し代謝に使われる消化酵素が減ることになります。代謝がおろそかになるということは免疫のみならず細胞の再生、エネルギーの産出、運動、排泄、そして解毒、これら全てがおろそかになるということです。そしてそれは、病気に直結するということでもあるのです。

現代の犬のフードと酵素

酵素は熱に弱い栄養素です。50度以上の熱を加えると死活という状態になります。つまり加熱加工したフードには酵素は一切含まれていないということになります。現在、ほとんどの犬が加熱フードを食べています。この加熱フードや油分、それに添加物等は酵素を多く消費し代謝に使われる消化酵素が減ることになります。代謝がおろそかになるということは免疫のみならず細胞の再生、エネルギーの産出、運動、排泄、そして解毒、これら全てがおろそかになるということです。そしてそれは、病気に直結するということでもあるのです。

Animal perspective

Animal perspective

酵素の疑問

酵素は体内でつくられているので体外から取る必要はないと言う疑問についてまず酵素の説明をします。酵素は生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒です。簡単に言うと、酵素が生きているすべての生命活動を担っていると思ってもらえるといいかと思います。エネルギーの供給や物質の合成や分解、排出や解毒など『生命あるところには必ず酵素が存在します』この酵素に私たち人間はもちろん犬たちもすべての命が支えられ生きています。

生命活動を担う体内酵素は五千種以上! この酵素を必要に応じて体内で生成されると言われているのですが、実は細胞の中でどのように生成されているのかまだ解明されていません。ですがこの明らかになってない部分に対してある専門家が言っている考えを聞いた時、とても納得いくものでした。酵素の生成に必要な材料となる『原型になる酵素を外部からも摂取する』というものです。

なぜそこに大きく納得したかと言うと… それは現代に生きる犬と人は昔と違いより多くの酵素が必要になっている現状があるからです。

《 理由は大きく二つあります 》

一つ目は食事です

昔と比べると粗悪だと言わざるを得ません。まずは加熱食ということ、そして酸化した油等、他にも挙げればキリがないのですが、とにかく現代の食事はすごく多くの消化酵素が必要になっているということです。

二つ目はストレスです

留守番の多い犬は毎日が不安の中で暮らしてます。ましてや毎日全速力で走ることができる犬も多くはありません。我慢することや悲しむ等の精神面の負荷にも多くの酵素を消費します。生きるため、必要に応じて五千種もの酵素を体内で生成しなければなりません。
私はこの現代の暮らしの中で健康を保つのに必要な酵素が体内の生成だけで本当に十分なのかという疑問が常にありました。みなさんも感じていることと思いますが病気が年々増加していますよね。その原因の多くは1つ目であげた食事です!それでも体内で生成される酵素が十分ならばここまで病気は増えないのではないかという疑問が残ります(※)。酵素がエネルギーの供給や物質の合成分解、排出や解毒をしているのなら本当に『十分な酵素』があればもっと食事の中の有害なものを排出、解毒し、必要最小限の量での必須栄養の吸収をしているはずなのです。今のカリカリフードの食事のあり方が確実に酵素不足へつながっていて病気が増えていったとしか思えませんでした。何回も言いいますが、十分な酵素があれば病気はここまで増えないのではないかと考えています。

そこで長年感じていた疑問が↓こちらです。

酵素は体内でつくられているので体外から取る必要はないと言う疑問(※)

犬本来の食事に答えはありました。肉食の動物は獲物を捕らえた時酵素が豊富に含まれる内臓から食します。つまり、五千種もの酵素が常になんのストックもなしに体内で生成されるのではなく、外部から摂取した酵素を必要に応じてその時々で作り替えられる原型酵素とすることで、もしもの対応が出来るようになるという考えです。『外部からの酵素の摂取』は健康を考えたとき最重要課題だったのです。事実、生酵素を飲み始めて、歩けなかった子が見違えるように元気になったというお言葉を多数いただいています。全国の取扱店舗からも同じような多くのお声をいただいています。今までたくさんのサプリを取扱ってきましたが、ここまで早く身体に効果がでる商品に出会ったことがなく、想像のはるか上をいっている事は正直なところ驚いています。

ですが本当に大切なのは酵素を買って飲ませることではなく、毎日の食事を見直すことです。『酵素が含まれる食事を与えてあげることなんです。』

酵素の疑問

酵素は体内でつくられているので体外から取る必要はないと言う疑問についてまず酵素の説明をします。酵素は生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒です。簡単に言うと、酵素が生きているすべての生命活動を担っていると思ってもらえるといいかと思います。エネルギーの供給や物質の合成や分解、排出や解毒など『生命あるところには必ず酵素が存在します』この酵素に私たち人間はもちろん犬たちもすべての命が支えられ生きています。

生命活動を担う体内酵素は五千種以上! この酵素を必要に応じて体内で生成されると言われているのですが、実は細胞の中でどのように生成されているのかまだ解明されていません。ですがこの明らかになってない部分に対してある専門家が言っている考えを聞いた時、とても納得いくものでした。酵素の生成に必要な材料となる『原型になる酵素を外部からも摂取する』というものです。

なぜそこに大きく納得したかと言うと… それは現代に生きる犬と人は昔と違いより多くの酵素が必要になっている現状があるからです。

《理由は大きく二つあります》

一つ目は食事です

昔と比べると粗悪だと言わざるを得ません。まずは加熱食ということ、そして酸化した油等、他にも挙げればキリがないのですが、とにかく現代の食事はすごく多くの消化酵素が必要になっているということです。

二つ目はストレスです

留守番の多い犬は毎日が不安の中で暮らしてます。ましてや毎日全速力で走ることができる犬も多くはありません。我慢することや悲しむ等の精神面の負荷にも多くの酵素を消費します。生きるため、必要に応じて五千種もの酵素を体内で生成しなければなりません。
私はこの現代の暮らしの中で健康を保つのに必要な酵素が体内の生成だけで本当に十分なのかという疑問が常にありました。みなさんも感じていることと思いますが病気が年々増加していますよね。その原因の多くは1つ目であげた食事です!それでも体内で生成される酵素が十分ならばここまで病気は増えないのではないかという疑問が残ります(※)。酵素がエネルギーの供給や物質の合成分解、排出や解毒をしているのなら本当に『十分な酵素』があればもっと食事の中の有害なものを排出、解毒し、必要最小限の量での必須栄養の吸収をしているはずなのです。今のカリカリフードの食事のあり方が確実に酵素不足へつながっていて病気が増えていったとしか思えませんでした。何回も言いいますが、十分な酵素があれば病気はここまで増えないのではないかと考えています。

そこで長年感じていた疑問が↓こちらです。

酵素は体内でつくられているので体外から取る必要はないと言う疑問(※)

犬本来の食事に答えはありました。肉食の動物は獲物を捕らえた時酵素が豊富に含まれる内臓から食します。つまり、五千種もの酵素が常になんのストックもなしに体内で生成されるのではなく、外部から摂取した酵素を必要に応じてその時々で作り替えられる原型酵素とすることで、もしもの対応が出来るようになるという考えです。『外部からの酵素の摂取』は健康を考えたとき最重要課題だったのです。事実、生酵素を飲み始めて、歩けなかった子が見違えるように元気になったというお言葉を多数いただいています。全国の取扱店舗からも同じような多くのお声をいただいています。今までたくさんのサプリを取扱ってきましたが、ここまで早く身体に効果がでる商品に出会ったことがなく、想像のはるか上をいっている事は正直なところ驚いています。

ですが本当に大切なのは酵素を買って飲ませることではなく、毎日の食事を見直すことです。『酵素が含まれる食事を与えてあげることなんです。』

クロムの生酵素

クロムエルシェイク

クロムの生酵素

発酵野草

The viewpoint of animals

「 動物視点でつくる健康寿命を考えたクロムの生酵素。」

The viewpoint of animals

「 動物視点でつくる健康寿命を考えたクロムの生酵素。」

クロムエルシェイク
クロムエルシェイク